腰痛防止には運動が一番

あまり知られていないかもしれませんが、看護師の仕事はかなりのハードワークです。検温や採血といった仕事だけでなく、患者を持ち上げたり移動したりする際など、かなりの力仕事を伴います。実際、看護師をよく見ると分かりますが、キビキビした動きの中にかなりの力強さを感じるはずです。つまり、日常的にハードワークを強いられているからです。しかしその結果、腰痛で悩んでいる人も少なくないといわれています。一種の職業病かもしれません。腰痛を予防する方法の一つに、腹筋と背筋のトレーニングがあります。腰を支える腹筋と背筋を強化すれば腰を保護することにつながります。理にかなった予防方法といえるでしょう。フィットネスクラブやスタジオでバランスボールを使い、これらの部位や体幹を鍛えることが理想的です。しかし、もっと手軽にできるのがストレッチや簡単なエクササイズです。これなら職場でも空いている時間を見つけて習慣化することも可能でしょう。その際、表層筋肉とともに深部筋肉を意識してストレッチやエクササイズすると、より効果的だといわれています。10分から15分程度の運動を繰り返すことで腹筋も背筋もかなり強化することが出来ます。その結果、腰にかかる負担に耐えるための筋力強化につながります。特定の症状を除き、腰痛の原因を特定するのは難しいというのが定説です。いろんな病院や整骨院を回っても、なかなか改善しないという人が多いのは、原因がはっきりしないことが理由だと考えられます。整形外科で治療が必要なケースもありますが、まずは筋力アップで予防することが重要です。
腰痛にお悩みの方に>>>http://kangoshi-youtuutaisakuiinkai.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です