ストレスが引き起こす体への悪影響

ストレスというと、「誰でもあるものだろう」と思っている方が多いと思います。ストレスがたまってきていると感じているにも関わらず、何も対策をしない方もいるでしょう。「ストレスくらい、ほうっておいてもどうってことない」と思っている方も多いでしょう。しかし、このストレスというのは私たちの体に様々な悪影響を及ぼしてしまうこともあるのです。
以外と知られていない症状の中にストレスによる腰痛というものがあります。ストレスというと、「イライラしてしまう」「眠りが浅くなる」といった状態を思い浮かべる方も多いと思います。そのため、それほどストレスがたまることを気にしていない方も多いと思います。しかし、悪化してしまえば仕事の中で動けなくなるというケースもありえるのです。
ストレスの原因は、人それぞれですが、看護師の場合には先輩看護師からパワハラを受けるたことがストレスとなることもあれば、仕事が忙しいことがストレスとなってしまうこともあるでしょう。このストレスをほうっておくと、どんどんストレスが蓄積されることになり、自律神経を乱してしまうこともあります。自律神経が乱れてしまえば、体のバランスが崩れてしまい、様々な悪影響を及ぼします。時には、関節などに負担がかかり、結果腰痛を引き起こしてしまうこともあるのです。腰痛があると、「立ち仕事が多いから」「中腰の体勢が多いから」と思っている方が多いと思いますが、実はストレスが原因となっていることもあるということ。それだけ、日々のストレスをほおっておくと、体へ様々な影響が出てしまう可能性があるということになります。
こういった腰痛や体調不良を引き起こさないためには、ストレスをためこまないことが大切となってきます。「ストレスがたまってきたなぁ」と感じた時には、リラックス時間を作ったり、趣味の時間を作るなどして、その都度発散していくことが重要。ストレスで体調不良を起こしてしまう可能性があることを、頭に入れておくことが大切となるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です